TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

リストアップされているのかニャ?

2016/06/30 (Thu) 23:00

The Bully Cat Pursues Me Recently
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016


黒猫さんに近づいて撮影しようとしたら、態度が急変して逃げてしまった。
変だなと思って後ろを振り向くと、某キジトラ猫がこっちへ近づいて来るところなんですね。
まだ10m以上も離れているのに、忍者のごとく消えてしまうとはよほど嫌っているらしい。
あのいじめ猫の対象に、猫さんもリストアップされていたとは気付きませんでした。
普段それほど臆病な性格ではないし、たぶん逃げるが勝ちの回避戦略を取っているのでしょう。
捜してみたら、お堂のステージに上がって悠々とくつろいでいました。
...あいつはここまで追いかけて来ませんニャ。



He Won't Come Here, Though
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



It's Been A Long Time Since I Came Here Last
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



I'll Take A Rest For A While
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



おいらは結構好きですニャ

2016/06/29 (Wed) 23:50

I Like Looking Outside In The Rainy Season
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016


イケメンの茶白さんは、色白の猫肌がしっとり潤う梅雨の季節が好きなんですね。
もちろん被毛が直接雨に濡れるのは嫌いだから、お堂の軒先から外の景色を眺めている。
雨が上がれば、境内にできた水溜りが見たくて散歩に出かけます。
姿勢を低くして水面を眺めているのは、周りの景色がきれいに映るからでしょう。
そんな風景観賞の裏技を猫さんが知っているとは、やはり年の功。
ただ水際から離れていると、他の猫が目の前を横切って観賞のじゃまをするんです。
...あいつの生意気な態度は特に許せニャい。



My Favorite Things Are Wet Stone Pavements...
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



And Puddles After The Rain
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



But I Don't Like His Smart Way Of Walking
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



梅雨の季節は嫌いですニャ

2016/06/28 (Tue) 23:50

The Rainy Season Makes Us Feel Depressed
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016


梅雨はまだ半ば。しとしとじめじめの憂鬱な時期はこれからが本番です。
この季節の楽しみといえば、雨上がりの紫陽花ブルーと水溜りに映った景色を見ること。
おや、兄妹揃って水溜りの見学会ですか。おふたりさんとも水際?の年齢だからね。
妹の猫さんは水溜りが好きだったはずですが、最近は水際へ近づこうとはしない。
天然水の味にうるさくなったのかなあ。溜まり水もあまり飲まなくなったし。
ひょっとしたら、水面に映る自分の顔を見たくないのかも知れません。
ガクアジサイのそばへも近寄らないし、何だか嗜好が変わってきたようですね。
...年を重ねれば、嫌いなことや無駄なことはしなくなるものニャよ。



Recently I Make It A Rule Not To Get Closer To The Edge Of Water
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



Because I Don't Want To See My Appearance Reflected On The Surface Of Water
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



And I Have A Habit Of Keeping Away From The Hydrangeas
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



Because The Hydrangea Blooms Make Me Feel Blue
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



楽しみがあるニャよ

2016/06/27 (Mon) 23:50

I Look Forward To The Rainy Season
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016


だんまりムッツリのサバ白くん。楽しい気分でも今の気持ちをうまく表現できないんです。
梅雨の季節の猫たちは引きこもっていることが多いから、ストレスが溜まりやすい。
コミュニケーションの苦手なキミは、年長猫の中にいてはストレス発散も難しいでしょう。
それでもまだ若いので、雨さえ降らなければ毎日のパトロールは欠かさない。
雨上がりの散歩が大好きなキミは、地面が乾き始めるとさっそく境内の中央まで出て来る。
水溜りのおいしい水を飲むだけでなく、水面に映った自分の姿を眺めるのが楽しみらしい。
...イケメンに成長した姿を見たいからニャ。



There Are Some Puddles After The Rain
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



I Like Looking On The Surface Of Water
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



Because I Can See My Growth In The Water
NEX-5/LA-EA2/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/June 2016



Today Was Really Fun
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



いつも10時10分ニャのよ

2016/06/26 (Sun) 23:50

My Eyes Say Ten Past Ten Like Watch Hands?
NEX-5/LA-EA2/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/June 2016


野良暮らしの猫は厳しい環境の中で生きていれば、自然とキツい目付きになるのが普通。
この地域の猫たちは毎日の世話をしっかり受けていて、ご飯の心配などはないはずです。
にもかかわらず、キジ白さんの目尻が吊り上がっているのは性格が影響しているのでしょう。
人や猫仲間に興味があっても、疑いやすい性格から常に一歩距離を置いてしまう。
温厚で正反対な性格の弟猫が羨ましく、ずっと嫉妬し続けて性格が歪んでしまったのかも。
...外れてはいないけど、そう簡単に決めつけないでほしいニャ。



I Was Born With Turned-Up Eyes
NEX-5/LA-EA2/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/April 2016



However, I Look Prettier In The Evening
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/April 2016



Now, Look At Me
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



紫陽花観賞会をやりますニャ

2016/06/25 (Sat) 23:50

We Took Part In The Hydrangea Viewing Tours
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016


今月中旬からの降雨量が多いためか、今年はアジサイの観賞期間が長引いているようです。
花の色はだいぶくすんできたものの、きれいな紫陽花ブルーが見られる株もまだ残っている。
そんな雨上がりの日、ニャモリ倶楽部主催?の紫陽花観賞会が開かれて4匹が参加しました。
でも、サバブチくん以外は花にあまり関心がないようです。
キミだけが感慨深げに眺めているのは、一昨年の失恋ブルーを思い出しているのでしょうね。
...ここは元彼と紫陽花デートをした場所だからニャ。



They're Lacking In Sense Of Beauty
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



I'll Enjoy Viewing Other Hydrangea Blooms Alone
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



How Pretty These Blue-Colored Flowers Are!
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



たまには独りでニャ

2016/06/24 (Fri) 23:50

I Want You To Take Just Photos Of Me At Times
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/May 2016


「仁」とは相手に対する思いやり、いつくしみのこと。
身勝手な行動が多い猫社会では無縁な文字に思えるけど、実はそうでもないのです。
茶トラさんが今まで猫相手にしてきた行為は、まさに「仁」そのもの。
持病のある猫を励ましたり、いじめられ癖のある猫を守ったりと、弱い猫への面倒見が良い。
自分の子じゃなくても、共に暮らす若い猫を特に気遣って大事にしている。
猫さんはそういう優しい性格なので、いつも誰かしらの猫と一緒にいることが多い。
今回は特別に、単独ショット限定の撮影をお願いしました。
...たまには単独モデルになるのも良いものですニャ。



I'm Just An Ordinary Cat
NEX-5/LA-EA2/Minolta AF 50mm F1.4/Bunkyo City/June 2016



Usually I'm Very Serious...
NEX-5/E 16mm F2.8/VCL-ECU1/Bunkyo City/May 2016



But Sometimes I'm Funny
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/June 2016



So You Have Many Chances For Shooting Me
NEX-5/LA-EA2/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/May 2016



This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

05 | 2016/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「秋になったのかニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters