TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

青い縁取りの家

2009/01/31 (Sat) 21:00
The House With The Blue Edge
The House With The Blue Edge
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Itabashi/June 2008


下見板張りの木造家屋が少なくなったこともありますが、このお宅の前を通りかかったときは思わず立ち止まってしまいました。木材の渋いアースカラーに交じって、切妻屋根の青い縁取り色が印象的だったのです。屋根に葺いたトタン波板を延長、折り曲げて破風板まで覆ってありました...トタン屋根は雨が降ると少し耳障りかも知れませんけどね。

雨水のエコロジー

2009/01/30 (Fri) 21:00
Rainwater To Practical Use
Rainwater To Practical Use
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Itabashi/June 2008


雨樋から流れる雨水を溜めて有効利用する。水資源が豊かな国では、こんな水のエコロジーを積極的に行っている人は少ないものです。このお宅の方は植木に水をあげているのですね。ごみ集配後の清掃にも利用できるから便利です。ひょっとして近所の猫たちも飲み水に使っているかも。でも排水口があるからといって、トイレには利用しないでね。

大きなビワの木の下に

2009/01/29 (Thu) 23:00
Under The Loquat Tree
Under The Loquat Tree
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Oyama/June 2008


ビワの木の下に瓦屋根のレトロな木造小屋。サイドには錆びた郵便箱が並び、どうやら物置のようです。昭和中期には、ビワやイチジクの木が家の片隅によく植えられていたもの。近ごろの街中ではほとんど見かけなくなりましたが、ビワの実は今や高級果物。種が大きくて身が少ないけど甘くて美味しいですね。木は乾燥させると高級杖が作れます。

思わず見上げる駅前

2009/01/28 (Wed) 21:00
King Kong Overhead
King Kong Overhead
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Oyama/June 2008


駅前パチンコ店の上に懐かしい怪獣キングコング。この街へ初めて訪れる人は迫力ある姿に思わず見上げてしまいます。地元の方は見慣れていて振り向きもしないのですね。1933年のアメリカ映画「キングコング」以来多くの特撮映画に登場し、パワーアップする度に巨大化しましたが、初代コングの身長は10m足らず。ちょうどこんな感じでしょうか。

トマトがお買い得ですよ

2009/01/27 (Tue) 21:00
Tomatoes Are Low In Price Now
Tomatoes Are Low In Price Now
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Oyama/September 2008


トマトは一年中ほぼ安定した品質て流通する野菜の代表格。商店街の八百屋さんに並んだトマトの値札を見ると、その街の食品物価もだいたい分かるのですね。このお店には群馬産の大玉が並んでいます。ビタミンAやCが豊富で、食べやすい甘さの種類が多くなりました。ぼくは冷しトマトのスライスに塩マヨしてよく食べます...ビールのツマミで。

どれにしようかな

2009/01/26 (Mon) 21:00
The Crepe Stand With Her Hesitation
The Crepe Stand With Her Hesitation
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Oyama/September 2008


種類が多すぎて迷っていますね。このクレープ屋さんの人気ベストスリーは上からスプレーチョコ、生クリームバナナ、生クリームチョコでした。メニューには超激辛のメンタイコチーズなんてものもありますが、生ハムや野菜の具を包んだクレープ類がないので辛党にはちょっと物足りない...などと言っていると、ほかの店へ行ってくれと怒鳴られそう。

ぼくの母ちゃんですニャ

2009/01/25 (Sun) 21:00
I Love Ma'am Only
I Love Ma'am Only
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Itabashi City/September 2008


路地で出会ったのは、飼い主さんと一緒に散歩するリード付き猫さん。とても幸せそうですが、ご主人の腕を見ると引っ掻かれた傷痕がいっぱいありました。わがままで気性の激しい性格のようです。接近して撮らせてもらおうとしたら、シャー! 怒られてしまいました。やはり、気を許せるのはご主人だけなんですねえ...それで良いんだけどね、それで。

This Top | Next Page >>
FX初心者の入門講座

Calendar

12 | 2009/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile

Author: Marone


Maukie
「桜のシーズンですニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Search

サイト内で記事を検索

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters

main theme
now in season