TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

おいらに話しかけニャいでくれ

2007/11/30 (Fri) 23:00
Don't Talk To Me Now
Don't Talk To Me Now
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Toshima City/November 2007


サンシャイン60ビルの見える路地裏で、ブロック塀の上に猫さんが固まっていました。この猫さん、いつ見てもキツイ顔をしています。でも、10時10分のつり上がった目は生まれながらの顔つき。本人?は至って普通のつもりで、何かもらえるかも知れないと、こっちを見ているのでしょう。舌が出て来たところを見ると、もうすぐご飯タイムのようですね。

おいらとバイクに乗らニャいか

2007/11/29 (Thu) 21:00
My Favorite Things
My Favorite Things
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Bunkyo City/November 2007


猫はバイクシートの上が好き。少しざらついて適度に軟らかい感触と、辺りを見渡せる程良い高さがお気に入りです。温もりが残っていると、上でつい居眠りをしてしまう...でも、この猫さんはシートに乗りません。バイクのお兄さんに叱られるが怖いのでしょうか。代わりにタイヤに爪を立てて、ガリガリをやっていました。ほとんど跡が残りませんからね。

寒い季節になったニャ

2007/11/28 (Wed) 21:00
Winter Has Come
Winter Has Come
α-7/Tamron SP AF28-75mm F2.8/100UC/Bunkyo City/November 2007


落葉樹の種類はもちろん、日照条件によって紅葉や黄葉の進み具合はずいぶんと違うものです。黄葉し始めて間もない樹木の近くでは、ケヤキの落ち葉が屋根の上で徐々に滑り落ち、雨樋のそばから溜まり始めています。少し前には軒下の台に日が当たっていたのでしょう。温もりを楽しんでいるかのように、猫さんはしばらく動こうとしませんでした。

隣の家が大きく見えるニャ

2007/11/27 (Tue) 23:00
That House Is Larger Than Mine
That House Is Larger Than Mine
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Bunkyo City/November 2007


紅葉が始まってから急に冷え込むようになりました。都心でも楓の紅葉やイチョウの黄葉が見ごろを迎えて、晩秋というよりすでに初冬の風景。猫たちにとっても辛い季節になりましたね。猫好きの方が用意してくれたネコハウスで暮らせる猫は本当に幸せ。ハウスに入居できる確率は宝くじの当選よりずっと低く、ほとんどは軒下などで冬を越すのです。

怪しいやつだニャ

2007/11/26 (Mon) 21:00
You Look So Suspicious
You Look So Suspicious
α-7/Tamron SP AF28-75mm F2.8/EB100/Bunkyo City/October 2007


鉢植えが素敵な玄関前で猫さんたちに怪しまれてしまいました。路地裏で撮影していて、不審人物と疑われたのは猫だけではありません。先日は下校途中の小学生から「何をしているのですか?」「どこから来たのですか?」、矢継ぎ早の質問に汗をかきました...担任の先生から声をかけるようにと言われていたそうだけど、逆効果なんじゃないの?

上手に撮ってほしいニャ

2007/11/25 (Sun) 21:00
I Can't Say You 'Cheese!'
I Can't Say You 'Cheese!'
α-7/Tamron SP AF28-75mm F2.8/100UC/Bunkyo City/November 2007


帰り際に再びアパート外階段に寄ってみたら、今度はブロック塀の奥から黒猫さんが現れました。初めは興味深そうにこちらを観察していたのですが、オヤツをくれないと分かると引っ込んでしまいました。ハッキリした性格なんですね。クロちゃんのディテールを写すのは本当に難しいものです。「チ~ズ!」と言ってくれたら、もっと可愛く撮れたかもね。

よく来たニャ

2007/11/24 (Sat) 23:00
Welcome To Our House
Welcome To Our House
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Bunkyo City/November 2007


路地で見かけたモルタルアパートの外階段前にいたら、猫さんが降りて来て迎えてくれました。ステップの塗装が剥げて鉄板の錆びが浮き、キジトラ柄が保護色になっています。ステップを踏む音が聴きたくて少し上ったら、逃げられてしまいました。郵便箱を見ると2階には3部屋あるようですね。昭和30年代にはこんなアパートがよく建てられました。

This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

10 | 2007/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

Author: Marone


Maukie
「梅雨が明けましたニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters