TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

西洋風の急階段

2007/07/31 (Tue) 21:00
The Stairs Of A Western Style
The Stairs Of A Western Style
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Kagurazaka/July 2007


和の風景が似合う坂の街に、ひときわ目立つ西洋風のシックな階段坂。短くカーブしながら、かなりの急勾配です。階段上の道路が行止りのため、おそらく抜け道として造られたものでしょう。曲線を描いて下る手摺りのデザインはパリの下町風。カラー敷石は雨に濡れると映えそうですが、ちょっと滑りそう。手摺りがないと怖くて下りられませんね。

粋な黒塀の中は

2007/07/30 (Mon) 20:00
Behind The Black Wooden Wall
Behind The Black Wooden Wall
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Kagurazaka/July 2007


石畳の路地を歩いていると黒塀の戸口が開いていて、料亭の中庭を覗くことができました。良いですねえ。ほろ酔い気分で座敷の縁から庭先へふと目をやると、玉砂利の上にさりげなく置かれた行灯の薄明かり。苔生したつくばいがぼんやりと。斜めに切られた竹筒の先から流水がチョロチョロ、軒先の風鈴が涼風に揺れてチリリンリン...妄想。

石畳定番路地

2007/07/29 (Sun) 00:00
The Stone-Paved Alley
The Stone-Paved Alley
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Kagurazaka/July 2007


料亭や和風旅館が並ぶ石畳の路地風景は舞台装置が整いすぎて落ち着かない。優等生的な雰囲気を感じるからでしょうか。緊張したときは「お富さん」を連想すると気持ちの弛緩効果があります。粋な黒塀が続く路地で見越しの松を見つけたりすると、あだな姿の洗い髪のお富さんが路地の奥から歩いてくるかも...「いやさ、お富。久しぶりだなあ」

梅雨明けは?

2007/07/28 (Sat) 00:00
Under The Blue Sky
Under The Blue Sky
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Ikebukuro/June 2007


30度を超える日が続いています。本格的な夏が来たと思わせる青い空もときどき広がるのですが、空気はムシムシしてどうもすっきりしない。少し歩くだけで汗べっとりです。近ごろの梅雨明けパターンはどうもメリハリがありません。夏を呼ぶ太平洋高気圧に梅雨前線を押し上げるパワーが足りないのです。やはり、地球温暖化の影響なのでしょうか。

小休止

2007/07/27 (Fri) 00:00
Occupied
Occupied
α-7/Minolta AF 35-105mm F3.5-4.5/EB100/Yoyogi/July 2007


明治神宮社殿は広大な森の真ん中にあって、JR原宿駅からアクセスすると1km近く玉砂利の敷かれた参道を歩くことになります。神聖な場所へ訪れるための身を清める修行だと言われても、やはり玉砂利の道は歩きづらい。海外からの観光客にはかなりきついようです。社殿に辿り着くとほっとするのでしょう。数少ないベンチはいつも占領されています。

背筋を伸ばして

2007/07/26 (Thu) 00:00
Prayers At Meiji Jingu Shrine
Prayers At Meiji Jingu Shrine
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Yoyogi/July 2007


毎年300万人が訪れる初詣とは対照的な光景の明治神宮拝殿。静寂の空間に賽銭が投げ込まれる音、続いて柏手を打つ音が響きます。紙幣の賽銭は音がしないから、その場で広げてお見せしないと神様は気づかないかも知れません。手前の女性は緊張しながら遠慮がちに後ろから参拝していました。神様はこういう人を優先するかも知れませんよ。

神様お願い

2007/07/25 (Wed) 00:00
Wishes
Wishes
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/EB100/Yoyogi/July 2007


明治神宮を訪れると、海外からの観光客が多いことにまず驚きます。願掛けの絵馬は外国人にもすごい人気。幸福の願いごとは万国共通ですから、書き込まれた文字を見ると日本語より外国語の方が多いくらいです。これらをすべて理解して願いを聴き受ける神様の仕事も楽ではありませんね。ポーズをとる女性はハングルで話していました。

This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

06 | 2007/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「今年は台風が多いニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters