TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

江戸の町へ行きたいですニャ

2009/08/26 (Wed) 21:00
Inscribed The Old Name Of The Town 'Otowa-cho'
Inscribed The Old Name Of The Town 'Otowa-cho'
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Otowa/August 2009


現在の音羽通りは徳川五代将軍綱吉の御成道。祈願に通っていた護国寺の門前町はたいへんな賑わいだったらしい。町名の由来は江戸幕府が大奥女中「音羽」に家作を与えたことに始まります。江戸の町屋は今やオフィスビルとマンションに変わりました。猫さんには暮らしづらくなりましたね...「生類憐みの令」の時代に生まれたかったですニャ。


This Town Is Not My Space
This Town Is Not My Space
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/August 2009

ほっとする昭和の抜け道

2009/08/25 (Tue) 21:00
The Wooden House Hanging A Reed Blind Over The Window
The Wooden House Hanging A Reed Blind Over The Window
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/August 2009


表通りから静かな路地裏へ入る道はいくつかありますが、抜け道を含めて昭和の雰囲気がそっくり残る路地というと、おそらくこの場所だけでしょう。この街は表通りの下を走る地下鉄有楽町線の隣接二駅に挟まれて交通の便が良く、早くからマンション建設が進んできました。それでも裏通りを歩くと所々に和の風情が目に入り、ほっとするのですが...


An Apartment Building Will Be Constructed Here Too
An Apartment Building Will Be Constructed Here Too
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/August 2009

抜け道ありますニャ

2009/08/24 (Mon) 21:00
Coming To A Dead End
Coming To A Dead End
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Otowa/August 2009


ディ-プな路地を進んでいくと、ついに行き止まり。袋小路になることはよくあるけど、元の場所へ引き返すのも芸がありません。路地歩きでは抜け道を探すことも楽しみの一つ。表通りへ抜けられる道を見つけたら、引き戸の隙間から猫さんが顔を出しました...もしもし、ここを通るには「手土産」を置いていくのが仕来りですニャ。抜け目がないですね。


Give Me Something Good If You're Not A Prowler
Give Me Something Good If You're Not A Prowler
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Bunkyo City/August 2009

清水が湧き出る路地

2009/08/23 (Sun) 23:00
The Clear Water Wells Out On The Alleyside
The Clear Water Wells Out On The Alleyside
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/August 2009


崖下の路地脇には何個所か地下水が湧き出ています。積極的に利用されている方がいました。コンコンと湧き出るというよりチョロチョロ程度の水量ですが、溜めておけば鉢植えの水やりには十分。飲用もできたという水質の頃にはサワガニも生息していたようで、昭和時代には子供たちの自然の遊び場だったのでしょうね...今は猫たちの水飲み場?


The Small Spring Is Useful To Pour Water On Potted Plants
The Small Spring Is Useful To Pour Water On Potted Plants
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/August 2009

崖の下の路地

2009/08/22 (Sat) 22:00
The Lonely Alley On Her Way Home
The Lonely Alley On Her Way Home
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Otowa/August 2009


表通りのすぐ裏には蛇のようにくねくねと曲がった路地が続きます。両側を崖とビルに挟まれて昼間でも薄暗く人通りも少ない、夜歩きすると何か出そうな怖い道。こんな所の壁はグラフィティグループの標的になります...昔ここは東池袋を水源とする水窪川が流れていました。昭和初期に暗渠化されて路地となり、現在でも流れ跡を辿ることができます。


The Graffiti Alley In The Evening
The Graffiti Alley In The Evening
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/December 2008

急階段のある路地

2009/08/21 (Fri) 22:00
Be Careful Not To Fall Down The Stairs
Be Careful Not To Fall Down The Stairs
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Otowa/August 2009


音羽は護国寺の門前町として江戸時代から栄える街。徳川五代将軍綱吉の御成道と知られるメインストリートは二つの台地のちょうど谷間に当たります。脇道へ入ればすぐ高台の斜面があり、路地の片側には崖が迫る...こういう地勢では坂や階段坂がいくつも見られ、路地歩きにはたまらない場所。建物の境界にある急な階段を上がってみました。

This Top

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「今年は台風が多いニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters