TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

千駄ヶ谷: 踏切待ちの楽しみ

2009/10/08 (Thu) 21:00
The Crossing Of The JR Saikyo Line
The Crossing Of The JR Saikyo Line
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

JR埼京線と湘南新宿ラインが通る厩道踏切。旧貨物線を利用した複線なので開かずの踏切とまではなりませんが、たまたま上下の重なる通過待ちに当たるとイライラすることも。鉄分が濃くなくても様々な車両を見られるから文句は出ないとは思いますが...たまたまな状態に当たったお蔭で、鮮やかカラーの成田エクスプレスもキャッチできました。


The Narita Express Train Is Passing Through
The Narita Express Train Is Passing Through
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

きれいなお姉さんは嫌いですか

2009/10/07 (Wed) 21:00
Anywhere I Take A Rest
Anywhere I Take A Rest
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Sendagaya/September 2009


ハンチング帽とスニーカーが決まっているおじさん。昨夜は飲み過ぎてアルコールが残っているのでしょうか。きれいな女性がそばを通ってもチラ見するだけ。目で追わないのは寂しいけど、年を重ねるほど異性嗜好は若い年代へシフトするといいますからね...明治通りで出会った麻衣ちゃん、最近艶やかになりました。おじさんのファンも多いですよ。


The Advertising Truck Is An Effective Media
The Advertising Truck Is An Effective Media
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

昭和レトロ忘却地帯

2009/10/06 (Tue) 21:00
It Is Dangerous To Ride A Bicycle Triple
It Is Dangerous To Ride A Bicycle Triple
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009


2年ぶりの訪問。ひっそりと佇む昭和ノスタルジアの家並が健在でした。そのほとんどは空家。すぐ近くまで再開発の波は押し寄せていますが、この一帯は時間が止まったように静か。廃屋の壁と屋根に絡まるツタの成長、外階段やトタン屋根の錆が時の流れを物語っていました...おっと、飲み物を片手に3人乗りとは危ないですねえ。お母さん。


A Lovely Old Wooden House
A Lovely Old Wooden House
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009


The Old House Was Fringed With Ivy
The Old House Was Fringed With Ivy
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

昭和と平成とその先のおかしな関係

2009/10/05 (Mon) 21:00
The Wooden House Will Be Surrounded By High-Rises Someday
The Wooden House Will Be Surrounded By High-Rises Someday
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009


広い空の下に昭和住宅と平成摩天楼の混在する異質な風景。おや、マンションの壁に張り紙が見えるじゃないですか。ご近所の反対を押し切って建てられたマンションの住人が、今度は隣に建設される新たなビルに抗議する、おかしくても笑えない現実。21世紀の東京はこの繰り返しで空が埋まっていくのです...再開発とは何なのでしょうねえ。


The Tower Put Out Its Face Again
The Tower Put Out Its Face Again
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

明治通りから平成の尖塔を見上げる

2009/10/04 (Sun) 21:00
You Often Catch The Tower Rising On The Main Street
You Often Catch The Tower Rising On The Main Street
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009


明治通りを新宿方面へ向かって北上すると、JR中央線のガードを抜けた辺りからNTTドコモ代々木ビルが間近に見えるようになります。広角レンズ(f=17mm、APS-Cサイズ長辺画角69度)で尖塔先端まで全体を写し込むにはどこまで寄れるか、ちょっと遊んでみたくなりました。クレーン部を含めたビルの高さは272m。縦位置で目一杯に写せる地点を計算するとビル中心から104m。地上風景を入れて撮影した下の写真は144mでした。


Look Up At The NTT DoCoMo Yoyogi Building
Look Up At The NTT DoCoMo Yoyogi Building
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Sendagaya/September 2009

尖塔の見える街

2009/10/03 (Sat) 21:00
The Tower Put Out Its Face Beyond The Ruined House
The Tower Put Out Its Face Beyond The Ruined House
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Yoyogi/September 2009


トンガリ屋根の超高層ビルが商店通りや建物の隙間から目に入ります。NTTドコモ代々木ビルが竣工して9年目。屋根を突き破って生えてきた竹の子みたいな尖塔も、すっかりこの街のランドマークになりました...懐かしい路地裏を歩いていると、モルタル壁の廃屋と雑草の生い茂る荒地が。せっかくの廃墟景、尖塔が顔を出すとは「KY」だよね。


The Tower Can Be Seen Everywhere In The Town
The Tower Can Be Seen Everywhere In The Town
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Yoyogi/September 2009

ひっそりとした井戸端会議場

2009/10/02 (Fri) 21:00
They Once Shared The Well Site
They Once Shared The Well Site
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Yoyogi/September 2009


JR山手線、小田急線、首都高速新宿線に囲まれたデルタ地帯は予備校や専門校の集まる活気ある街。しかし、一歩路地へ入れば住宅が密集して懐かしい匂いのする街でもあります。狭い路地にあった現役の井戸。昭和の時代は夕飯前になるとご近所さんが集まる憩いの場だったのでしょうが、今ではひっそり。あの頃はどこへ行ったのでしょうね。

This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

Author: Marone


Maukie
「アジサイの季節だニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters