TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

下り坂は快適です

2008/02/26 (Tue) 22:00
Let's Go Downhill!
Let's Go Downhill!
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


湯島天神の脇を通る切通坂。幹線道路が走っていて車の通行量は多いのですが、ときには自転車天国のような瞬間景を見ることができます。自転車走行にとって、緩い勾配で長い下りの続く坂ほど楽で気持ち良いものはありません。やはり、自転車通行兼用歩道よりも車道で走りたくなります...スピードの出しすぎとブレーキの事前点検は慎重にね。

梅まつりの楽しみ

2008/02/25 (Mon) 21:00
Sweet Stands Along The Approach To The Shrine
Sweet Stands Along The Approach To The Shrine
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


天神様の参道に並んだ露店。毎年恒例の梅まつりは真っ盛りのはずですが、この日の開花は早咲きの数本を除いてまだチラホラ程度。こんなときは梅の花より露店の冷やかし。日本独特のスイーツが色々楽しめます。縁日でお馴染みのベビーカステラは一見して、たこ焼き風外観の駄菓子。人形焼と違って中に餡は入っていないけど、結構甘いですね。

受験勉強プラス神事で合格

2008/02/24 (Sun) 23:00
Votive Pictures
Votive Pictures
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


合格祈願で奉納された絵馬の数には圧倒されます。これらすべての案件を請け負う神様の仕事も楽ではありません。受験生本人でなく親御さんが来て、願い事を書いたと見られる絵馬も多い。受験勉強の追い込みで忙しいのでしょうか。やはり本人が直接祈願した方が神様に顔を覚えられて効き目があるのではと、つい余計な心配をしてしまいます。

合格祈願より梅の花

2008/02/23 (Sat) 23:00
Ume Blossoms In The Shrine
Ume Blossoms In The Shrine
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


この季節、江戸時代より梅の名所としても知られる湯島天神では梅まつりを開催中。今冬は東京でも雪が降り気温が低めだったせいか梅の開花が遅れました。それでも早咲きの白梅や紅梅が春を待ちきれずに境内の一部を彩っています。梅園などが一斉に咲き揃い、見ごろとなるのは2月末から3月上旬。ほのかな梅の香りを楽しめるのはもうすぐ。

神様よろしく...

2008/02/22 (Fri) 23:00
Visiting The Yushima Shrine
Visiting The Yushima Shrine
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


学問の神様・菅原道真公を祀る湯島天神。学業成就や合格祈願で訪れる参拝者が後を絶ちません。修学旅行生が大挙して押し寄せることもあり、すごい人気です。見ていると、受験生本人より親御さんの参拝が多いようですね。神社での参拝の基本作法は、手水舎で両手と口を清めてから二拝二拍手一拝が正式...もちろん、お賽銭は必要です。

ユシマの壁

2008/02/21 (Thu) 23:00
Die Yushima Mauer
Die Yushima Mauer
α-7/Tamron SP AF28-75mm F2.8/100UC/Yushima/February 2008


壁のように立ち塞がる背の高い煉瓦塀。外装のしっくいはほとんど剥がれ落ち、時の流れを感じます。人生には乗り越えなければならない壁がいくつもあるものですが、時には乗り越えるのではなく、ぶち壊す必要があるということをまざまざと教えてくれたベルリンの壁の崩壊。1989年11月9日の歴史的出来事を思い出させてくれる風景がありました。

ツタの生命力

2008/02/20 (Wed) 21:00
The Old Wooden House Covered With Green Ivy
The Old Wooden House Covered With Green Ivy
α-7/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/100UC/Yushima/February 2008


真冬でも枯れないツタがあるのですね。ディープな路地裏で見つけました。常緑のキヅタはフユヅタ、真っ赤に紅葉する普通のツタはナツヅタともいって、「科」が違うようです...日はとっぷり暮れ、どこからか犬の遠吠えが。ポーチライトの電灯光が優しく照らす玄関口。格子戸をガラガラッと開けると、障子の奥から「あら、遅かったのねえ」...妄想。

This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「サツキの季節ですニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters