TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

懐かしい外観の井戸

2009/10/01 (Thu) 21:00
The Old Looking Dug Well
The Old Looking Dug Well
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/July 2008


低地にある街中では手押しポンプの井戸をよく見かけます。昭和初期までこの近くを流れていた弦巻川は生活排水に利用されていました。現在は暗渠化されてますが、井戸水も流れていくのでしょう。生活用から防災用に変わったこの井戸も、上水と下水の関係は今も同じです...陶器製の井戸囲いに開けた給水栓用の穴が雑に見えるのは残念。

七曲りの井戸

2009/09/30 (Wed) 21:00
The Well Is Put In Good Condition Preparing For Emergencies
The Well Is Put In Good Condition Preparing For Emergencies
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/September 2009


手押しポンプの井戸が路地端できれいに整備されていました。昭和の懐かしい雰囲気は消えていますが、防災用井戸はいつでも使えるように備えておくことが必要ですね。普段は鉢植えの水遣りにしか役立たない井戸水でも沸かせば飲めますから、非常時の役割りは大きい。給水用の栓が備えられていても、ポンプの動作する現役井戸は少ないです。

撫でられることは大好きですワン

2009/09/27 (Sun) 23:00
The Notice Says 'Called Bell And Aged 13, I Love Being Stroked'
The Notice Says 'Called Bell And Aged 13, I Love Being Stroked'
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Zoshigaya/September 2009


家の玄関先で休んでいたワンちゃん。少々お年を召しているようです。オヤツが食べられないのは寂しいだろうけど、色々な人たちに撫でられるのはワンちゃんの特権でしょうね。老後の楽しみが撫でられることなんて、子供が面白半分に触ってもストレスは溜まらないのかなあ...ぼくが犬だったら、撫でてくれる人を年齢と性別で制限しますけど。


They Are On Good Terms
They Are On Good Terms
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/September 2009

忘れられた風景

2009/08/13 (Thu) 21:00
The Old Wooden House Remains Untouched
The Old Wooden House Remains Untouched
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Zoshigaya/July 2009


路地の奥には未だに昭和の廃家風景が残っているのですね。もうどのくらい年月が経つのでしょうか。朽ちかけた下見張りの板壁に斜陽が差し、木目がくっきりと浮き出ていました。苔生した板の木目は地形図の等高線。どこかの山岳地帯を俯瞰しているような...枯山水石庭の水面模様にも思えてきたり、真夏の妄想を楽しむには格好の素材です。


The Grain Looks Like Contour Of A Mountain
The Grain Looks Like Contour Of A Mountain
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Zoshigaya/July 2009

真横から眺める坂道

2009/08/12 (Wed) 21:00
A Daily Performance On The Stage In Town
A Daily Performance On The Stage In Town
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Zoshigaya/July 2009


迷路のように入り組む路地は台地斜面に差しかかると坂道へと変わります。この坂道は途中が段差のあるT字路で、階段下から坂の真横が眺められる珍しい立体構造。何気ない街風景の中で演出のない日常ドラマが進行しています...お母さんが迎えに行けなくて、お父さんと幼稚園から帰宅する途中でしょうか。観客はファインダーを覗くぼく一人。

出来心でもイタズラしないで

2009/08/11 (Tue) 21:00
The Notice Of Not Wrecking Potted Plants
The Notice Of Not Wrecking Potted Plants
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/July 2009


閑静な住宅街でも心ない人が出没するものです。丹精して育てた鉢植えがイタズラされると、持ち主さんでなくても心が痛みます。犯人はたまたま通りかかった酔っ払いの出来心か、被害者の困惑する姿を陰から眺めたり想像して楽しむ異常者? 程度の差こそあれ、愉快犯に違いないでしょう...猫も出来心?でよく「お土産」を置いて行きますけどね。


A Small Pleasure Of Growing Potted Plants
A Small Pleasure Of Growing Potted Plants
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/July 2009

夏にホットする境界線

2009/08/10 (Mon) 21:00
A Boundary Between Light And Shade
A Boundary Between Light And Shade
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Zoshigaya/July 2009


太陽が西へ傾き、標識が路面に落とす影も長くなります。まだまだ日差しは眩しく、よく晴れた日は18時過ぎまで空が明るい。この季節は時間を忘れて撮影に夢中になってしまいます。高台にある住宅街には高い建物もなく、真夏に日の当たる路地を歩くのは辛い。下り斜面に差しかかると、崖上の建物が大きな日陰空間を作っていてほっとするのです。

This Top | Next Page >>

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「サツキの季節ですニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters