TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

別れ道は迷い道

2009/11/13 (Fri) 21:00
We Sometimes Hesitate Which Way To Take
We Sometimes Hesitate Which Way To Take
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Nakajuku/November 2009


街中ではいつも地図を持たず行き当たりばったりの歩き方。目の前にY字路が出現すれば、やはり迷ってしまいます。まさに「0」か「1」の選択を迫られたデジタルの世界。別れ道の一方に猫でも見かければ迷うことはないのですが、しばらく悩んでしまうのです。取りあえず、おばさんが歩く方へ...こんな分岐点が人生にはいくつあるのでしょうかねえ。

悩まない別れ道

2008/10/28 (Tue) 21:00
Which Way To Go?
Which Way To Go?
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Takada/October 2008


人生にはいくつも岐路があって、今まですべて間違った道を選んできたように思います。これから先も、きっと同じことを繰り返すでしょう。このY字路のように案内板があったら、どんなに助かるでしょうか。地図をよく見ると何本かの脇道があります。どっちの方向へ進んでも途中で修正ができるようです...意外と、人生もやり直せるのかも知れませんね。

思わず見上げる青い空

2008/09/15 (Mon) 21:00
The Building Looks Like A Razor Blade
The Building Looks Like A Razor Blade
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Kanamecho/August 2008


大通りと交わるY字路で見かけたカミソリ物件。思わずてっぺんまで見上げてしまいます。こんなとき、視界に入る夏の青空は実に気持ち良いものです。サウンドスケープは蝉の声。車の騒音に負けないほどビル壁に反響します。日差しも強烈。日陰の多い路地歩きではそれほど苦になりませんが、紫外線の気になる女性にはパラソルが必須ですね。

富士見坂夕景

2007/09/12 (Wed) 21:00
On The Evening Hillside
On The Evening Hillside
α-7/Minolta AF 24mm F2.8/EB100/Takada/August 2006


目白台地の西側斜面には眺望に優れたいくつかの急坂があって、坂上から新宿方面の眺望が楽しめます。この坂は右側が富士見坂で、左側は日無坂。竹垣で囲まれた趣のある佇まいが二つの坂をY字状に分けています。1980年代まで富士山が見られたということですが、現在では代わりに新宿超高層ビル群のシルエットが地平線に浮かびます。

This Top

Search

サイト内で記事を検索

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Author: Marone


Maukie
「今年は台風が多いニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters