TOKIO ADAGIO = Cats + Streets ... 東京アダージョ景

Enjoy Alley CATS and Back STREETS in a Corner of TOKYO!
猫のいる町は暮らしやすい ... 昭和的路地裏と猫たちのスローライフ

あたしですニャ

2015/04/21 (Tue) 01:00

It's Me, Meow!
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/April 2015


初めのうちは無視されていても、何度も通っていれば仲良しになる猫が出て来ます。
この三毛さんも、最近になってぼくの顔を覚えてくれた猫の中のひとり。
訪問間隔が空いてしまったのでもう会えないかなと思っていたら、
うれしいことに猫さんの方から声をかけてくれました。
...顔はすぐ覚えるけど、信用できるかどうかは何度もチェックしていますニャ。



You Don't Remember Me, Do You?
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/April 2015



Are You Going Back Now?
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/April 2015



子猫は上手く隠していますニャ

2011/08/21 (Sun) 23:00
You Can't Come Into This Gap, Can You?
You Can't Come Into This Gap, Can You?
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/August 2011


日暮れどき、遠方にちょこちょこ動くチビたちのシルエットを発見。生後2カ月くらいでしょうか、近づくと隙間に隠れてしまいました。この地域ではTNRが進んでいて子猫を見かけることはほとんどないけど、やはり水面下?で出産する猫がいるのですね...見張っていた母猫に許可をもらって撮影できましたが、その後は訪れても見つからないのですよ。


Don't Go Near My Kittens
Don't Go Near My Kittens
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Bunkyo City/August 2011



相棒はいま留守ですニャ

2010/09/08 (Wed) 21:00
What Can I Do For You?
What Can I Do For You?
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS/Toshima City/September 2010


黒猫さんに会いに来たのですが、宅配便のアルバイトで外出中?...会えませんでした。留守番していたのは茶トラさん。やはり好奇心と警戒心のバランスが取れていて、隙間から出て来てくれません。このビルの隙間はなかなか風通しが良さそうですね。障害物もあって、くつろぐ場所には最適かも...そうそう、クロちゃんによろしく伝えておいてね。

あんたに見つかる確率が高くなりましたニャ

2010/06/28 (Mon) 21:00
You Should Give Me Something Good
You Should Give Me Something Good
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Toshima City/June 2010


日がずいぶんと延びました。日の入りが一年中で一番遅くなる時期は夏至後の一週間、東京の日没時刻は19時01分。撮影打ち切りを自然光の量で判断していると、このシーズンはついつい延長戦になってしまいます。さすがに建物の隙間は薄暗いけど、ふと覗いたら猫さんがご飯待ち...隙間の背景を通過する都電は、あの阪堺電車カラーでした。


I'm Not Interested In Such A Streetcar
I'm Not Interested In Such A Streetcar
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Toshima City/June 2010

空が失われてゆく路地

2010/03/04 (Thu) 21:00
We've Never Seen The High-Rise Building Here Before
We've Never Seen The High-Rise Building Here Before
α350/Tamron SP AF28-75mm F2.8/Ikebukuro/February 2010


昭和の家並みしか見えなかった狭い路地の正面には、いつの間にか建設中の超高層ビルが...来春完成予定のタワーマンション、ずいぶん高くなりました。21世紀は地上から見える空の面積がどんどん失われて行きます。懐かしい路地の街でも今までになく大きな変化が出てきました。これからは日照権だけでなく青空占有権も必要になりそう...

東京からずっと富士山が見えてほしい

2010/01/01 (Fri) 23:00
Mt. Fuji Could Be Seen From Tokyo Forever
Mt. Fuji Could Be Seen From Tokyo Forever
α350/Minolta AF 75-300mm F4.5-5.6/Odaiba/November 2008


明けましておめでとうございます...本年もよろしくお願いします。

午前0時に年を越えた瞬間、自分の回りの空気が入れ替わったように感じるのです。回りを見渡してみると、部屋の中は相変らずゴミの山。年が明けても時はそのまま流れていて、現実の世界は急には変わらない...しかし都市再開発は確実に進んでいます。ビルの隙間からかろうじて望めたこの場所からも、富士山がほとんど見えなくなりました。

尖塔の見える街

2009/10/03 (Sat) 21:00
The Tower Put Out Its Face Beyond The Ruined House
The Tower Put Out Its Face Beyond The Ruined House
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Yoyogi/September 2009


トンガリ屋根の超高層ビルが商店通りや建物の隙間から目に入ります。NTTドコモ代々木ビルが竣工して9年目。屋根を突き破って生えてきた竹の子みたいな尖塔も、すっかりこの街のランドマークになりました...懐かしい路地裏を歩いていると、モルタル壁の廃屋と雑草の生い茂る荒地が。せっかくの廃墟景、尖塔が顔を出すとは「KY」だよね。


The Tower Can Be Seen Everywhere In The Town
The Tower Can Be Seen Everywhere In The Town
α350/Tamron SP AF17-35mm F2.8-4/Yoyogi/September 2009

This Top | Next Page >>
FX初心者の入門講座

Calendar

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Author: Marone


Maukie
「桜のシーズンですニャ」

Recent Entries

最新の記事

Recent Comments

コメントありがとう

Recent Trackbacks

トラックバックありがとう

Webpage Translation

このページを各国語に翻訳

Cat Album

三毛さんの思い出アルバム

Selected Scenes

テーマ別に記事をセレクト

Tokyo Area Categories

地域ごとのカテゴリー

Search

サイト内で記事を検索

Archives

全記事一覧と月別アーカイブ

Links

猫や写真のウェブサイト

このブログをリンクに追加

RSS Feeds

RSSフィードを表示

Caution

注意事項など

Marone
Overseas Visitors
free counters

main theme
now in season